srokaのちくちく


ソーイングメモ&etc
by sroka

スタイルは永遠

ヨージたんの特集。愛でいっぱいでした。

c0209476_2311467.jpg


ミューラーもピナもいない今では、ヴェンダースだけがこの世の共犯者なのかいな?

ヨージたん、オートクチュールへのスカウトはやっぱりいろいろあったそうで、
「シャネルかディオールなら断らなかった」
なぜなら、シャネルやディオールは時代を変えたからだそうだ。
それならばラガーフェルド、ガリアーノ、マックィーンの代わりに??
ありえない、ヨージはヨージだ。
私はヨージの服を通して、シャネルやディオールを知ったので、私にとってのヨージの服は「教育」だったと思う。大好きなヨージの服に触れてから、ディオールを知った。そこには、ヨージの目を通したディオールがある。日本で異端でありながら、なぜだか日本を感じる。自分の国の失望や憧れや夢や不幸をヨージの服から感じるんだと思う。

ヨージの「教育」を受けた後は、普通の服では満足できないようになっている。
他の服は、objetでしかない。楽しませてくれるけど、心に響くことはない。
私のワードローブのヨージはうちにきたまま、ずっとわたしと人生を共にする。

「モードは廃れるが、styleは永遠」とサンローランがいった言葉のまま、私のエゴに響くもの。
[PR]
by sroka | 2011-02-21 23:23 | あこがれてるもの
<< 戦後教育/戦争狂育 買い物の後の懺悔&シンプル改宗 >>