srokaのちくちく


ソーイングメモ&etc
by sroka

戦後教育/戦争狂育

このブログではあまりマヂメなことを書かないようにしてますが、天地を揺るがした震災や、欲に目がくらみすぎて人命なんてへのカッパになってしまった電気の会社のせいで、本来なけりゃないほどステキな放射能に毎日出会されております。

わたくしは冷戦時に子供時代をすごしましたので、見るマンガ見るマンガから「核戦争後の世界!」という終末観を深層心理に植え込まれて育ちました。クラスでは勇気のある者だけが読んだ原爆漫画「裸足のゲン」という、少年が原爆に見舞われる、、という凄惨な漫画もありました。

もうちょっと大きくなると(中学時代)、DAVID BOWIEがWHEN THE WIND BLOWS(風が吹くとき)という、静かに暮らす老夫婦のもとへ、ある日突然放射能の風が吹き込む、、、というレイモンド・ブリッグズの絵本がアニメ化され主題歌を歌っていたりして、当時絵本コレクターでBOWIEファンであったワタクシは、ビデオを繰り返し見ていたものでした。



学校では、終戦記念日に学校に集められ、戦争の悲惨さについて作文を書く、という今考えるととても意義のある授業を準備して下さった先生方もいらっしゃいました。普段、なんだかよく分からない先生が、かなり熱心にこの授業の準備をしていたことがわかり感動し尊敬したものでした。心に深く届いたのは、原爆の図を日本画で残した丸木伊里夫妻を美術の先生が取材し、校内番組を制作していたことでした。当時はおふたりともお元気で、おだやかな口調からは想像もできない原爆のお話を伺いました。
 今考えても、丸木夫妻を取材出来る中学美術教師ってなかなかいません。しかもこの授業がなければ、日本美術史も未だに混沌と整理されないままなので、特別な関心を持たない限り、一生この画家に出会うこともなかったかもしれません。丸木伊里の名を子供時代の記憶に留めさせた、ということにとても感謝しています。
c0209476_2132629.jpg

美術館HP
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/index.htm


今振り返って思うのは、私が受けた戦後教育というのはとても良いものであったようです。
放射能の後遺症で苦しむ人たちがいる、という隠され続けている明らかな事実をあらゆる表現手段で叩き込まれたおかげで、ここ数ヶ月のあいだ、テレビや新聞のいうことを信じないで済んだからです。
[PR]
# by sroka | 2011-06-07 21:28

スタイルは永遠

ヨージたんの特集。愛でいっぱいでした。

c0209476_2311467.jpg


ミューラーもピナもいない今では、ヴェンダースだけがこの世の共犯者なのかいな?

ヨージたん、オートクチュールへのスカウトはやっぱりいろいろあったそうで、
「シャネルかディオールなら断らなかった」
なぜなら、シャネルやディオールは時代を変えたからだそうだ。
それならばラガーフェルド、ガリアーノ、マックィーンの代わりに??
ありえない、ヨージはヨージだ。
私はヨージの服を通して、シャネルやディオールを知ったので、私にとってのヨージの服は「教育」だったと思う。大好きなヨージの服に触れてから、ディオールを知った。そこには、ヨージの目を通したディオールがある。日本で異端でありながら、なぜだか日本を感じる。自分の国の失望や憧れや夢や不幸をヨージの服から感じるんだと思う。

ヨージの「教育」を受けた後は、普通の服では満足できないようになっている。
他の服は、objetでしかない。楽しませてくれるけど、心に響くことはない。
私のワードローブのヨージはうちにきたまま、ずっとわたしと人生を共にする。

「モードは廃れるが、styleは永遠」とサンローランがいった言葉のまま、私のエゴに響くもの。
[PR]
# by sroka | 2011-02-21 23:23 | あこがれてるもの

買い物の後の懺悔&シンプル改宗

 いっつも買わない買わないと思いつつ、ドツボなものに出会った途端どかーーーんと買ってしまう。どないすんや、置き場所。靴なんて、買わない買わないと唱えながら年間三足以上買い続けている。
 日々の努力の甲斐あって、だいぶお部屋もすっきりしてきたのにこれじゃあかん。。

うれしいけどごちゃごちゃせぬよう、ボッと火がついた時の物欲コントロール上手くできんものかの。。。。神様ごめんなさい。。と、いつもシンプル懺悔。物欲主義からシンプルライフに改宗


 これからの人生、自分のほっこりした持ち味を今までより大事に生きていってみようかと思いました。苦労人なのに妖精度マックスなナタリアでも目指すか、、、。25才で三児の母で現役モデル。。さすがっすよ。
c0209476_20513078.jpg

c0209476_2052349.jpg

[PR]
# by sroka | 2011-02-11 20:55

フェーヴ

毎年フェーヴのためにガレットデロアを買います。どこのを買おうか考えるのも楽しい♪
昨年はladureeで奮発し、今年はカイザーのです。
以前食べたカイザーのガレットデロアよりおいしくなってた気がします。
カイザーのフェーヴって、チャリティ企画もあったりして和むので好きです。
王様ゲームも盛上がるし、、、
今年はパンのフェーヴです。1.5cmくらいのパン!かわいい!
c0209476_22593555.jpg


こういうちっこいものにロマンを感じ夢中になるなんて、年とったなぁと思います。
[PR]
# by sroka | 2011-01-22 23:01 | ぶつよくぶつぶつ

愛くるしいティスケンス

先日某デパートにニナリッチがすこし入ってたのでみせてもらった。もうティスケンスはデザインしてないそうだけど、カレーのレースがニットに透けるよな高級プレタだった。ティスケンスは春からセオリーでがんばってるらしい。

ティスケンスって、パリコレ参上した新人さんのころからなんとなく気になっていた。デビューコレクションは、たしか赤のチェックのテーブルクロスに繊細なレースを重ねたもので、ちょっとロマンチックで奇妙な感じのするものだったので印象深い。



検索でみつけたティスケンスの後ろ姿。靴がエナメルなところが憎い。
こんな人が通り過ぎたら天使かとおもっちゃうよ。

c0209476_2084728.jpg

[PR]
# by sroka | 2011-01-18 20:22 | あこがれてるもの


ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
おばガーリー
at 2013-05-15 22:03
女子力、、、
at 2013-03-20 21:14
ズッキーニのパスタ
at 2013-03-20 20:43
美しい歌手
at 2012-09-21 21:10
恋ってどうしてこんな風だろうか?
at 2012-07-23 00:47
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧