srokaのちくちく


ソーイングメモ&etc
by sroka

オトナになった気がしました SERGE NOIR

悶々悩むこと一年、もやもやお店に通うこと数回。。
やっとこ買ってきましたセルジュ・ルタンスのserge noir。
去年試してみたときは衝撃で、もうこれは買うしかない!と思い詰めるも、オードパルファンということでちと高く、そして黒のイメージの香り、、、というのがひっかかって保留してました。(脱黒がマイブームでしたので)
しかしなんど試しても、やっぱserge noirがダントツにしっくりきます。
地元の某地方都市からお江戸へえんやこらと、遠征して参りました。某デパート。
駅のように混雑していてビッくらです。トーキョーーって!

しかもEDPとゆーのは、こんな蒲鉾板サイズのものなのに、、、お値段いっちょまえ。化粧品ビジネスはイメージを売るもので、香水などはその最たるもの、、、という言葉がふっと思い浮かびましたが、私には買う価値がありました。。EDPはEDTより香水成分が濃いのですね。

私はアンバーのかおりが大好きで、女性らしいフローラル系が大の苦手という、日本では変わり者のようです。わりにマニッシュな香りが好みですが、この好みは好きな異性のタイプと同じ気がします。serge noirはスモーキーでスパイシーアンバーのかおりがベースで、私のポスト・コムデギャルソンにぴったりでしたが、変化を求めてserge noirにしました。そういえば、10年以上前ギャルソンの香りが発売されて飛んで買いにいったのもこの某デパートでした。ちょっと香りも進化し、値段もユーロ安で進化して、オトナになった気分です。

ルタンスにはアンブルスルタンというアンバーメインの香りが別にあります。これはアニスの香りとギャルソンのスパイシーなアンバーの香りを重ねるのが大好きだった私の20代のお気に入りのかおりに近かったです。ギャルソンはあまりトップもミドルもラストもなく、原石のような印象です。
しかしserge noirには、五時間に渡りドラマチックな展開があり、まず始めにスパイシーなスモークがバ〜〜ンと爆発し、その後煙が燻らせられた空間にアンバー、シナモン、ベンゾインが徐々に姿を表したのちに、癒しを与えるという「火の鳥」のような展開です。最初の大爆発のようなトップノートはなんだか刺激的で気分がすごく良く、文句なしです。

香りがとても強くって、私は大変気分いいですが、他の人にとってどうなんだろう??特に文句言われてませんが、、人それぞれ得手不得手があります。男ぽいかおりらしいです。
そしてこの完成された香りのイメージにぴったり合う女性とは、きっと普通の生活の女性ではないです。きっと山口小夜子さんみたいな感じの方です。

serge noirを買ってからフレデリック・マルのune roseという、バラ畑のど真ん中のような香りに出会い、ショーゲキを受けて帰りました。しかしpupeで香水好きの方に教えていただいた他のルタンスのかおりもトルコのバラとアンバーという大好物大集合な香りのようなので、どこかで試したいです。

c0209476_2134529.jpg

[PR]
by sroka | 2009-12-06 23:55 | かおりの迷宮
<< クリスマスキャンペーン クリスマスよりなによりも >>


ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
おばガーリー
at 2013-05-15 22:03
女子力、、、
at 2013-03-20 21:14
ズッキーニのパスタ
at 2013-03-20 20:43
美しい歌手
at 2012-09-21 21:10
恋ってどうしてこんな風だろうか?
at 2012-07-23 00:47
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧